通わせたいと思う子供におすすめの習い事

子供におすすめの習い事!通わせたいと思いついたら即実行のサイト

基礎力にこじつける

3、4歳から記憶力や思考力が発達する

押し付けないで本人の希望を聞きたくても、そのためにはいろいろ経験させなくては。
誘導するわけではなくても身近なものには興味を示し、門前の小僧習わぬ経を読む、的なことを願っても難しい。
それでも結局のところは、記憶を何度も辿るように、反復させることで可能になることは多い。
日頃から見聞するものはいつの間にか記憶してしまうことは、自然に利用できそうです。
それでも毎日少しでも文を書く練習をすれば記憶が鮮明になります。
きっかけを作らないといけないので、いろいろ子供に問いかけたりしてみましょう。
ママやパパの顔の表情がどうかとか、絵にかいてみたら、何をしている時の顔か。
頭の形がいつも丸く描く子供と、角張って描く子供がいたり、どのように認識しているのか観察してみると、いろいろ本音を言うかもしれません。

絵が好きになる

子供は最初にこすりつけたり、こぼれた飲み物をテーブルに人差し指でのばして感触に驚いたり、液体のこぼれた形を見て興味を示します。
白い紙とクレヨンを与えると、こすりつけて十分満足した表情をして、お絵かきが始まります。
気を付けておかないと、クレヨンの色を使えて嬉しくなっているのか、白い壁や家具に落書きされるかもしれません。
形もなく、線を折れ曲げたり、ぐしゃぐしゃに描くことから始まり、線がしっかりしてきて形に近づきます。
目と手の動作を、脳が指令したとおり動かして満足感で笑っているようです。
そのうちに象徴した物を描き、ママとかりんごとかと言って示してきます。
自己肯定感ができて、見てもらえる安心感が何より大切です。
同時に頭らしき絵から、線などで足や手が描かれて人のように表現しますが、世界中の子供のこの成長過程は似ているそうです。


この記事をシェアする